PPCアフィリエイトのやり方・始め方

PPCアフィリエイトは、

初心者でも、早い段階で成果を出すことが可能なビジネスモデルです。

 

何故ならば、

広告費さえ掛ければ目立つ場所にサイトが掲載されるので、

サイトアフィリエイトのようにSEO対策に四苦八苦することなく、

ユーザーの目に留まりやすい状況を簡単に作り出せるからです。

 

ただし、PPCアフィリエイトは、

実際に出稿するまでに何を用意してどういう手順を踏んでいけばよいのか、

ちょっとわかりにくい部分もあります。

 

そこで今回は、初心者のために、

PPCアフィリエイトのやり方・始め方について、

大まかな流れをまとめてみました。

 

代表的なPPC広告

PPCとはPay Per Clickの略です。

つまり、PPC広告とはクリックされるごとに課金される広告のこと。

 

PPCアフィリエイトは、

PPC広告を使ってアフィリエイトするビジネスです。

 

代表的なPPC広告にはどのようなものがあるのか、

そして最初はどのPPC広告を使っていけばいいのか、

そのあたりを解説していきます。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、

検索結果に連動して表示されるテキスト広告のことを言います。

 

Yahoo!やGoogleで検索した時に、

1ページ目の上の方に出てくる【広告】マークの付いてるサイトは、

リスティング広告を使って上位表示させたサイトです。

※赤枠部分がリスティング広告です。

 

 

リスティング広告として代表的なものとしては

・Yahoo!プロモーション広告の「スポンサードサーチ」

・Google広告(旧アドワーズ)の「検索ネットワーク広告」

があります。

 

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、

各サイトにある広告スペースに表示される動画、画像、

もしくはテキストのみの広告を指します。

 

たとえばパソコンの場合、

このような形で表示されるものがディスプレイ広告です。

※赤枠部分がディスプレイ広告です。

 

 

ディスプレイ広告として代表的なものとしては

・Yahoo!のYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

・GoogleのGoogle ディスプレイ ネットワーク(GDN)

があります。

 

SNS系の広告

SNSは今や私たちのライフスタイルに溶け込んでいるコミュニケーションツールです。

そのSNSの配信面を利用して広告を出せばアフィリエイトの幅が広がります。

SNS広告として代表的なものとしては

・Facebook広告

・Twitter広告

・Instagram広告

・LINE広告

があります。

 

SNS広告に関しては、初心者は最初のうちはやらない方がいいでしょう。

こういう種類があるんだ、ということだけ認識おけばよいと思います。

 

初心者は最もとっつきやすいスポンサードサーチから始めるのが良いでしょう。

スポンサードサーチに関する情報はとても充実しているので、

初心者が知りたいことはすぐ検索できるという利点もあります。

 

スポンサードサーチで成果が出ようになったら、

次はGoogle広告へも展開していきます。

 

リスティング広告がうまく回るようになったら、

次はディスプレイ広告(YDN、GDN)へと横展開していきましょう。

 

リスティング広告やディスプレイ広告に慣れてきて成果もどんどん出てくるまで、

SNS広告への出稿は考えなくていいでしょう。

 

事前に準備しておくもの

PPCアフィリエイトを始める前に、

準備しておかなければならないものをピックアップしてみました。

 

レンタルサーバーを借りる

自分のサイトをインターネットで閲覧できるようにするには、

インターネット上で、自分のサイトを公開しなければなりません。

 

もっと言えば、

インターネット上のどこかのコンピューターに、

自分のサイトを置く場所を準備しなければなりません。

 

このインターネット上のコンピューターのことを「サーバー」と呼び、

私たちはそれを借りて利用することができます。

そうしたサーバーの事を「レンタルサーバー」と呼びます。

 

現在は、多くのレンタルサーバー会社があり、

低料金で気軽に借りることができます。

 

ドメインを取得する

レンタルサーバー(サイトを公開する場所)が決まったら、

次に、ドメインを取得します。

 

ドメインとは、

インターネット上の住所のようなもので、URLとして表示されます。

 

http://〇〇〇〇.com/ 黄緑色の部分がドメインです。

 

ドメインは、自由に決めて使う事ができ、

ドメイン取得会社で、誰でも低価格(数百円から)で取得する事ができます。

 

ドメインを取得し、レンタルサーバーと繋げたら、

ワードプレスを使ってサイトを作成していきます。

このあたりの説明は今回は省略します。

 

銀行口座を用意する

銀行口座はASPからアフィリエイト報酬を振り込んでもらうのに必要です。

できればアフィリエイト専用の銀行口座を用意しましょう。

 

私は楽天銀行を使っています。

楽天カードと合わせて使うといろいろ便利です。

 

広告資金を用意する

PPC広告を出すためには広告費が必要です。

広告費は、成果が出ればそれで回していけますが、

成果が出ても、ASPから報酬が振り込まれるまでタイムラグがあります。

 

最初のうちはなかなか成果が出ないことも見越して、

ある程度は余裕を持った広告資金を用意しておくことをおすすめします。

 

広告費は3000円くらいから始めることができますが、

できれば2万円くらいは用意しておきたいところです。

 

PPCアフィリエイトの始め方

レンタルサーバー、ドメイン、銀行口座、広告資金が用意できたら、

いよいよPPCアフィリエイトの最初のステップに入っていきます。

今回は「スポンサードサーチ」を例に解説していきます。

 

Yahoo!ビジネスIDの取得

スポンサードサーチを始めるためには、

まずはYahoo!ビジネスIDを取得しなければなりません。

Yahoo!ビジネスIDを取得することで、

Yahoo!プロモーション広告が利用できるようになります。

 

Yahoo!プロモーション広告を申し込むと

・スポンサードサーチ

・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

・ツイッターの広告サービス「Twitter広告」

これら3種類の広告が利用できるようになります。

 

ASPの登録

ASPは代表的なものを登録しておけば問題ありません。

おすすめは下記5つのASPです。

・A8.net
・afB
・アクセストレード
・Link-A
・レントラックス

これ以外にも、私が使っているものとして、

JANet、クロスパートナーズ、バリューコマース、felmatなどがあります。

慣れてきたら増やしていけばいいので、

まずは上記5つのASPを登録しておくことをおすすめします。

 

案件を選ぶ

ASPに登録したら、出稿する案件を選びます。

 

最初から売れる案件を選び出すことは困難ですから、

まずはASPの「売れてるランキング」などを参考にして、

いくつか案件を選びサイトを作って広告を出してみましょう。

 

経験を積めば、売れる商品がわかるようになります。

まずは案件を選んで広告を出してみることが重要です。

 

サイト(広告ページ)を作成する

案件を選んだら、キーワードを決めて、それに即したサイトを作成していきます。

このサイトのことをLP(ランディングページ)と呼びます。

 

LPとは、選んだ案件をユーザーに紹介するあなたが作る広告ページのことです。

クッションページともいいます。

 

ユーザーがあるキーワードで検索したときに、

Yahoo!のリスティング広告欄に掲載されたあなたのLPをクリックし、

そのサイト内のアフィリエイトリンクをクリックしてくれれば、

商品の販売ページ(公式ページ)に飛んでいく、という仕組みです。

 

報酬を得るには、

キーワード選定とLP構成がマッチするよう、

しっかり考えて作っていく必要があります。

 

サイト(広告ページ)を出稿する

Yahoo!プロモーション広告のページを開き、

スポンサードサーチのキャンペーン管理を選んで、

左下の「新規作成」をクリックすると、

下記の画像のように出てくるので

この順番の通り手順をこなしていきます。

 

 

キャンペーン作成→広告グループ作成→キーワード作成→広告作成

それぞれの意味や作成方法については、

別の記事で詳しく解説します。

 

選定したキーワードに対して1クリックあたりの入札金額を設定するのですが、

サイトの掲載順位は、

この入札金額や品質インデックスと呼ばれる広告のクオリティによって決まります。

このあたりについても別の機会に説明します。

 

メンテナンスをする

広告を出稿したらそれで終了というわけではありません。

いくら成果が出ても、それが利益になっていなければ何もなりません。

報酬額よりも広告費が上回ってしまう(赤字になる)のはアウトです。

 

成果がなかなか上がらない広告は、

サイト内容を少し修正したり、広告文を修正したりすることも必要でしょう。

 

赤字になりそうな広告はキーワード単価を下げたり、

出稿そのものを停止したりすることも検討しなければなりません。

 

また、成果が大きく伸ばせそうな広告は、

キーワード単価を上げて勝負をかけてもいいかもしれません。

 

こういったメンテナンスをしっかりやることで

利益を大きくしていくことができるのです。

 

良い部分は伸ばし、悪い部分は切っていく。

ここは割り切ってしっかりやっていきましょう。

 

まとめ

PPCアフィリエイトは、

初心者でも早い段階で成果を出すことが可能なビジネスモデルですが、

どういう手順で始めたらいいのか、わかりにくい部分もありますよね。

まずは大まかな流れを把握して、一つ一つ丁寧にこなしていくようにしましょう。

 

最初はYahoo!スポンサードサーチから始めて、Google広告、YDN、GDN、

さらにはSNS広告へと展開していくのがよいでしょう。

 

広告を出稿した後のメンテンスをしっかりやることで、

赤字を防ぎ、利益を大きく伸ばすことができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA