品質インデックスを上げるための3つの作戦とは?

スポンサードサーチで広告を運用する際に、重要な指標として「品質インデックス」というものがあります。品質インデックスは、入札単価とともに広告の掲載順位を決定する大事な要素のひとつです。

初心者は、最初のうちは品質インデックスにまで気を配る余裕はなかなかないかもしれませんが、知識として知っておかないとのちのちの稼ぎに影響が出てしまいます。

品質インデックスを上げる(改善する)には、出稿前の綿密な計画はもちろんのこと、出稿後のメンテナンスも大事になってきます。

そこで今回は、品質インデックスとは何か、どうすれば品質インデックスを上げる(改善する)ことが出来るのか、について解説していくことにします。

あっ、そうそう、品質インデックスはYahoo!スポンサードサーチで使われている名称でして、Google広告ではこれを品質スコアと言います。どちらも同じ意味を表すものです。

 

品質インデックスとは?

品質インデックスは、入札単価と並ぶ、広告の品質(Googleでは広告ランクといいます)を決定する要素のひとつです。

1から10までの数字で表されていて、数値が高ければ高いほどその広告の品質が高い、つまり良質ということになり、逆に数値が低ければその広告の品質は低いということになります。

品質インデックスが高ければ、安いクリック単価(入札単価)で、より上位に広告を表示することができます。効率的にリスティング広告を運用するには、品質インデックスをいかに高くするかが重要になってきます。

あっ、ここは誤解のないようにちゃんと整理しておかなければなりませんね。品質インデックスは入札単価の引き下げや掲載順位の向上に直接的に作用するわけではありません。直接的に作用するのは「広告の品質」です。その広告の品質を決める要素の1つが品質インデックスなんです。

広告の掲載順位やCPC(1クリックあたりの広告費用)は、「広告の品質」で決まります。広告の品質が高ければ、掲載順位が上がり、CPCが下がります。ところが、「広告の品質」という指標は管理画面では見れません。

なので、管理画面で確認できる「品質インデックス」で判断していく必要があるのです。

 

管理画面で確認できない 管理画面で確認できる
Yahoo! 広告の品質 品質インデックス
Google 広告ランク 品質スコア
クリック単価・掲載順位に直接的な作用を及ぼす 広告の品質を決める要素の1つ

 

そして、もう1つ大事なポイントは、品質インデックスはキーワードごとに判定されるということです。広告ごとに判定されるわけではないんです。広告とキーワードがちゃんとマッチしていると高い評価を受け、ズレていると低い評価となります。つまり、キーワード選定が品質インデックスを決定する大事な要素となるのです。

では、品質インデックスを上げるにはどうしたらよいのかということですが、まずは品質インデックスを決める要素についてみていきましょう。

 

品質インデックスを決める要素とは?

品質インデックスの数値は具体的にどのような要素によって決まってくるのか、それが分かれば、品質インデックスの改善策も段々と見えてくるはずです。

品質インデックスは、ユーザーにとって「良質な広告かどうか」を評価するものです。つまり、ユーザーが求める情報と高い関連性を持ち、さらにそれがユーザーにとって有益な内容であればあるほど、品質インデックスはどんどん上がる仕組みになっています。

品質インデックスを決める具体的な要素とは、次の3つです。

①キーワードと広告の関連性
②広告のクリック率(CTR)
③リンク先のページ内容・利便性

では次に、これら3つの要素を踏まえて、品質インデクスを上げる方法を解説していきます。

 

品質インデックスを上げるには?

作戦その1:キーワード、広告文、LPに一貫性を持たせる

キーワードと広告文の関連性は重要なポイントです。広告文の一行目のテキストリンクがついたタイトル部分には、できるだけ入札しているキーワードを入れるようにしましょう。

さらに、リンク先ページ(LP)の内容との関連性もまた品質インデックスに大きく関わってきます。キーワードと広告文に合致した内容に作り上げましょう。

 

例えば、良い例としては・・

検索キーワードカニ通販
広告文:
・タイトル「カニ通販なら○○!満足度95%」
・説明文 「最新版人気カニ通販!極上のカニが超お買い得価格。購入はこちら」
リンク先カニ通販サイト

検索キーワード→広告文→リンク先が一貫しています。
検索したユーザーのニーズに沿っている理想の形です。

 

次に、悪い例としては・・

検索キーワードカニ通販
広告文:
・タイトル「北海道の海鮮なら○○!超お得」
・説明文 「冬の味覚と言えばカニ!特選セットが超お買い得価格。購入はこちら」
リンク先海鮮通販サイト

検索キーワード→広告文→リンク先がちょっとズレています。こういうズレは評価が低くなります。
「海鮮通販」という括りで「カニ通販」を検索する人へ「イクラも買おうかな」という気持にさせようという戦略もアリですが、こういうやり方では品質インデックスは上がりません。

 

作戦その2:広告のクリック率(CTR)を上げる

広告のクリック率も、品質インデックスの数値に大きく関わってきます。クリック率は、高ければ高いほど、ユーザーにとって魅力的な広告であることの証です。

クリック率を上げるには、まずは広告文を工夫しなければなりません。当たり前のことですが、広告文の良し悪しはクリック率に大きく影響してきます。魅力的な広告文を目にしたら、ついクリックしてみたくなりますよね。

広告文を2つ(あるいはそれ以上)出してみて、反応の良い方を残していくいわゆるABテストもどんどんトライしてみましょう。

また、広告表示オプションもクリック率を上げるために非常に有効なツールです。掲載枠が大きくなり視認性が上がるので確実にクリック率は向上します。

ただし、ここで注意しなければならないのは、クリック率が上がると確かに品質インデックスは上がる可能性がありますが、クリック率が上がる=成約数が伸びる、ということではありません。クリック率を上げることだけ考えていては、無駄に広告費がかかってしまいます。

購入意欲のないクリックを呼び込まないような工夫が必要です。

 

作戦その3:リンク先のページ内容・利便性をチューンナップ

品質インデックスを上げるためには、「キーワード、広告文、LPに一貫性を持たせること」「クリック率を上げること」が重要なのはもちろんですが、「記事LPの内容の良し悪し」も大きく影響してきます。

キーワードと広告文に合った内容になっているかどうか、また購入ボタンがわかりやすい場所にあるかどうか、入力フォームなどはユーザーにとって快適なものであるかどうか、そういったことを常に意識しながら記事LPを仕上げるようにしていけば、品質インデックスはおのずと上がってくるはずです。

 

まとめ

スポンサードサーチで広告を運用する際に、重要な指標として「品質インデックス」というものがあります。品質インデックスは、入札単価とともに広告の掲載順位を決定する大事な要素のひとつです。

品質インデックスを上げるためには、キーワード、広告文、LPに一貫性を持たせること、広告のクリック率(CTR)を上げること、リンク先のページ内容・利便性をチューンナップすることが重要です。

ただし、広告のクリック率(CTR)に関しては、購入に結びつかない無駄なクリックを増やさないよう注意しなければなりません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA