PPCアフィリエイトで初心者が手掛けてはいけない案件とは?

PPCアフィリエイトで案件を選ぶ際に、いくつか注意すべきポイントがあります。そこを押さえておかないとせっかくサイトを作ったのに出稿できなかったり、成果が上がっても報酬が出ない、なんてことにもなりかねません。

特に初心者は、Yahoo!プロモーション広告の細かいルールまでなかなか目を通せないので、何も知らずに出稿して審査落ち、なんてこともけっして珍しくはありません。

この記事では、初心者が案件選びで失敗しないよう、手掛けてはいけない案件について解説していきます。

 

アフィリエイト報酬が高い案件

アフィリエイト報酬が1万円を超えるものは、初心者が扱う案件としてはあまりおすすめできません。高額報酬案件はライバルも多く、しかもかなり強力なライバルが出稿している可能性が高いです。ライバルが多ければ、キーワード入札単価も高騰しやすいです。

また、高額報酬案件は総じて承認率が低い傾向があります。というのも、高額報酬案件というのは成果が確定するまでにいくつか段階がある(成果地点が厳しい)ことが多く、ユーザーが申し込んだ時点でいったん成果が上がったとされても、最終的に契約に至らずキャンセルになるケースが多々みられるからです。

私も初心者の頃、1万2千円の成果が5つも出て、躍り上がって喜んだものですが、承認されたのはたった1つだけで、結局赤字だったという苦い思い出があります。

初心者って、私もそうでしたが、ついつい一攫千金を夢見ちゃうんですよね。ダメですよ~そういうのは。

 

性をイメージさせる案件

アダルト系はもちろんのこと、美容系や医療系でも性をイメージさせるような案件は審査に通りません。これはもうYahoo!プロモーション広告の規約にしっかり書かれていることなのでどうにもなりません。

また、ギャンブル系の案件も審査に通りません。頑張ってサイトを作っても無駄な努力で終わってしまいます。

性をイメージさせる案件、ギャンブル系の案件は絶対に手掛けてはいけませんよ。

 

スマホ未対応の案件

スマホ対応していない案件の出稿は控えた方がよいでしょう。

下記はafbを例にとったものです。上がスマホ対応、下がスマホ未対応です。

スマホ対応していないページだと、Yahoo!プロモーション広告の場合、品質インデックスが下がってしまいます。また、Googleでもスマホ未対応だと検索順位が下がってしまいます。

 

リスティングNGの案件

リスティングNGの案件は、スポンサードサーチでは出稿できませんが、YDNではOKという場合もあります。ただし、初心者は最初はYDNよりもスポンサードサーチから始めた方がやりやすいので、そうなるとリスティングNGの案件は必然的に扱えないことになります。

ですが、塾やコンサルの中には、初心者に「リスティングNG案件を広告主の目をかいくぐって出稿するブラック手法」を教えるところがあるので、健全なる初心者の皆さんはそういうことを提案されても絶対にやらないよう注意してくださいね。

リスティングNGの案件をブラック手法で出稿して成果が出ても、結局は却下されて報酬はもらえません。たとえ何十件成果があったとしても、たった1件違反が発覚しただけですべてパーになります。

違反が発覚した場合、広告費がまるまる赤字になるだけでなく、他の案件を提携しようとしても承認がおりにくくなるなど、アフィリエイターとしていろいろやりにくくなっていく恐れがあります。

PPCアフィリエイトはルールを守って正しく運用していかなければなりません。

 

まとめ

PPCアフィリエイトを行う際に、アフィリエイト報酬が高い案件、スマホ未対応の案件は、初心者が扱うにはちょっと難しい部分があります。

性をイメージさせる案件、ギャンブル系の案件はそもそも審査に通らないので、PPCアフィリエイトで扱う意味がありません。

スポンサードサーチでリスティングNGの案件を扱うことはルール違反です。ルールを守って正しく運用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA