アフィリエイターの確定申告について

アフィリエイターにとって、気になる確定申告の季節がやってきましたね。

専業アフィリエイターであっても、副業であっても、アフィリエイトで得た所得はきちんと確定申告をしなければなりません。これはもう日本人としてのルールですから、しっかり申告して必要な税金はちゃんと納めましょう。

ただし、アフィリエイトで得た所得は必ずしも確定申告しなければならないわけではありません。アフィリエイトで得た所得がある一定の金額以下なら申告する必要はないのです。

では、そのあたりの線引きはどうなっているのか、どういった時に確定申告が必要なのか、今から解説していきますね。

 

専業なのか副業なのか

PPCアフィリエイトを始めたばかりの初心者にとって、ようやく黒字になったと思ったら確定申告!う~ん、何だかやるせない気もしますが、まあそれは置いといて。

確定申告をすることで、その所得分に応じた税金を納めるわけですが、専業でやっているのか副業でやっているのか、またどれくらい稼いでいるのかによって変わってきます。

専業アフィリエイター:年間で38万円以上の収入があれば確定申告が必要
副業アフィリエイター:年間で20万円以上の副収入があれば確定申告が必要

主婦や学生、または特定の仕事についてない無職の方や個人事業主(専業アフィリエイター)の方であれば、年間で38万円以上のアフィリエイトの収入があれば確定申告は必要になります。

会社勤めの方、バイトでの収入がある方、とにかく何か他に仕事を持っていて副業としてアフィリエイトをやっている方は、年間で20万円以上のアフィリエイトの収入があれば確定申告は必要になります。

ほとんどの方は副業アフィリエイターでしょうから、年間20万円、つまり月間1万6千円稼いだら確定申告せよ!なんてねぇ。。ちょっと厳しい気もしますが(^_^;)

 

所得で計算すること

専業アフィリエイターの年間38万円以上、副業アフィリエイターの年間20万円以上というのは、売り上げのことではありません。売り上げから経費を引いた「所得」のことです。

ということは、専業アフィリエイターが年間で50万円の売り上げがあったとしても、その分、経費が20万円ほどかかっていれば、アフィリエイト所得は30万円なので確定申告の必要はありません。

副業アフィリエイターも同じで、売り上げが30万円あっても、経費が15万円ほどかかっていれば確定申告の必要はないということになります。

 

アフィリエイトの経費とは

経費というのは「売り上げを得るためにかかった費用」のことをいいます。

では、アフィリエイトの経費とは一体どんなものがあるのでしょうか。どこまでが経費として認められるのでしょうか。

例えばアフィリエイトをする場合、パソコンやネット環境、サイト運営のためのレンタルサーバー代やドメイン代は必要ですよね。

さらには、アフィリエイト手法やビジネスを学ぶためのセミナーや塾の費用なども必要です。

思いついたものだけでも列挙してみると・・

・パソコン
・ネット料金
・レンタルサーバー代
・ドメイン代
・広告費(スポンサードサーチ、YDN、GDN他)
・外注費(記事ライティング、Webデザイン)
・セミナー参加費(懇親会参加費、交通費)
・ビジネス塾・アフィリエイト塾の費用
・レンタルオフィスなどの費用
・情報商材や書籍など

これらは基本的に経費として計上できるものとなります。

アフィリエイトに関連して使用した金額(経費になりうるもの)に関しては、領収書や払込書などでしっかりと管理しておきましょう。すべてが100%経費として認められるわけではありませんが、証拠書類がなければそもそもまったく何も請求できません。どんな細かいレシートでもなんでもきっちり管理しておきましょう。

 

確定申告を怠ると・・

本来確定申告すべき者がそれをしないでいた場合、悲しいことが起こります。

税務署から追加徴収がど~んと来ます。追徴課税では払うべきだった税金に加え、延滞税、利子税など余計な金額までガッツリ徴収されます。もうこのあたりはホント問答無用で持っていかれます。

ほんのちょっと所得がオーバーしてても、これくらいならバレないだろうとか、ネット上のことだから、見つかりはしないだろうとか、軽くみてはいけません。その考えはマジで危険です。

税務署もけっして大きな脱税だけを追っているのではありません。庶民のアフィリエイトの微々たる所得にだってちゃんと目を光らせているのです。

納税は国民の義務です。どうせなら、ガンガン稼いで、ガンガン納税して、税務署に感謝されるくらいになろうではありませんか(笑笑)

 

まとめ

アフィリエイトの売り上げに応じて確定申告をしなければなりません。確定申告が必要か否かは、売り上げから経費を引いた「所得」がいくらであるか、専業アフィリエイターか、副業アフィリエイターかによって変わってきます。

アフィリエイトの経費としては、パソコンやネット環境、サイト運営のためのレンタルサーバー代やドメイン代その他かなり幅広く認められるので、領収書や払込書などはしっかり管理しておきましょう。

税金の申告はしっかりやっておかないと後で大変な目にあいます。納税は国民の義務です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA