リスティング広告とは?

リスティング広告とは、

検索結果に連動して表示されるテキスト広告のことを言います。

もちろん広告費がかかります。

 

Yahoo!やGoogleで検索した時に、

1ページ目の上の方に出てくる【広告】マークの付いてるサイトは、

リスティング広告を使って上位表示させたサイトです。

 

ところで

 

「リスティング広告=PPC広告」だと思っている人が多いようですが、

これはちょっと違います。

 

ざっくり言うとほぼ同じものではありますが、

厳密には両者はイコールではありません。

 

PPC広告には3つのタイプがある

1.リスティング広告

検索連動型広告とも呼ばれる「リスティング広告」は、

実はPPC広告のうちの1つのタイプなのです。

 

リスティング広告として代表的なものとしては

・Yahoo!プロモーション広告の「スポンサードサーチ」

・Google広告(旧アドワーズ)の「検索ネットワーク広告」

があります。

 

この2つの他にIndeedでも検索連動系のPPC広告が出せますが、

検索をする時にほとんどの人はYahooかGoogleでキーワードを入力するので

アフィリエイトをするにはこの2つで十分でしょう。

 

・ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、

各サイトにある広告スペースに表示される動画、画像、

もしくはテキストのみの広告を指します。

 

たとえばPCの場合、このような形で表示されるものがディスプレイ広告です。

※赤枠部分がディスプレイ広告です

 

 

ディスプレイ広告の媒体は

・GoogleのGoogle ディスプレイ ネットワーク(GDN)

・Yahoo!のYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)

の2種類があります。

 

・ネイティブ広告

ネイティブ広告とは、

ざっくり言うと「広告らしさを感じさせない自然な広告」のこと。

 

従来のディスプレイ広告やリスティング広告は、

ほとんどの人は一目見ただけで広告だとわかりますが、

ネイティブ広告はコンテンツ(文章や画像や動画など)と同じ文脈で表示されるため、

一見したところすぐに広告だとわかりません。

 

広告枠に広告を自然に溶け込ませることで、

「ユーザーにコンテンツの一部として見てもらう」ことを目的とした広告なのです。

 

警戒されずに自然にクリックしてくれるので、

ディスプレイ広告よりクリック率が高くなります。

Facebookなどでよくみられるタイプの広告です。

 

リスティング広告はPPC広告のうちの1つである

リスティング広告は、PPC広告のうちの1つです。

クリック1回につきいくらかの広告費が発生します。

 

リスティング広告は、検索結果に連動して表示されるので、

ユーザーが検索している関心が高い時に広告が表示されるため、

クリックされやすく、成果もでやすいです。

 

リスティング広告とPPC広告を分けて考える必要はない

リスティング広告とPPC広告がイコールでないことはおわかりいただけたでしょうか。

ま、細かいことですけどね。

一応、知識として知っておいて損はないと思いますが、

両者の厳密な意味での違いについてナーバスになる必要はありません。

 

初めてPPCアフィリエイトを手掛ける場合は、

まずはYahoo!プロモーション広告の

リスティング広告「スポンサードサーチ」から始めるのがよく、

それからディスプレイ広告のYahoo!のYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)をやり、

GoogleにもPPC広告を出していく、という流れが基本的な攻め方になってきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA